口コミで人気が高い痩身術を受けよう|楽に痩せるコツ教えます

リバウンドしない脂肪冷却

カウンセリング

脂肪を凍らせる

新しい痩身方法として注目されているのが、脂肪冷却です。脂肪冷却とは、脂肪を凍らせて、体外に排出させる施術です。「脂肪を冷却する」というと、なかなかイメージしづらいですが、実は脂肪は4度で凍ります。この「脂肪は4度で凍る」という部分に着目した博士が、研究に研究を重ねて、人間に安全に使用できる脂肪冷却専用の機器の開発に成功したのです。今では中国製や台湾製や脂肪冷却疑似製品が出回っていますが、世界中で40万人の症例体験があり、米国食品医薬品局の認可が下りている機器は1つしかありません。安全に施術を受けるためにも、美容外科で脂肪冷却の施術を受ける際は、実績がある機器かどうか事前に口コミなどで確認しておいたほうが良いです。

メスも薬品も使用しない

脂肪冷却は、皮膚や筋肉、血液を傷つけることなく、安全に脂肪を破壊することができます。脂肪が凍ると、不要な細胞と判断されて、1ヶ月~2ヶ月ほどの期間をかけて体外に排出される仕組みになっています。脂肪吸引のように脂肪細胞の数自体を減らすことができるので、リバウンドしにくい痩身術になっています。メスを使用したり、薬品を注入したりする施術の場合、「ダウンタイムが長引いた」「副作用が多かった」という口コミが少なからずあります。しかしこの痩身術の場合、メスも薬品も使用しないので、ダウンタイムも身体への副作用も少ないのです。そのため効果に満足している口コミが多く見られます。

脂肪冷却の流れ

脂肪冷却の流れとしては、まず痩身させたい部位の脂肪の厚みを測ります。脂肪が2.5センチ以上ある必要があるため、脂肪が薄い二の腕や顎などには施術することができません。脂肪が2.5センチ以上あることを確認したら、皮膚を保護するシートを肌に張り、その上から機器を照射して脂肪を冷却します。施術時間は1時間程度で、これよりも短いと、脂肪をしっかり凍らせられない場合があります。脂肪を冷却した後は、機器で真空吸引を行ないます。真空吸引では、皮膚を引っ張られているような間隔があり、最初のほうは痛みを感じやすいですが、慣れるとリラックスして待てるようになります。時間が来たら、数分程度マッサージをして施術終了となります。施術後は、長時間脂肪冷却の効果を持続させるために、内側から身体を温めるような岩盤浴やサウナには入らないほうが良いです。口コミを確認しても、こういったことを行なって効果を更に効果を高められたという人も多いです。